FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://photographermal.blog81.fc2.com/tb.php/248-775a53d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

"あなたが あなたらしく いられる時間” フォトグラファーMAL

2I3A4137.jpg


"あなたが あなたらしく いられる時間”

本日も心について、少しコアなお話…
【自己一致】をキーワードに簡単に書いてみます。

『「自己一致」とは、
「純粋性」とも言われるもので、これはその人がありのままの自分でいること、自然であることを指します。
自分が「体験していること」や「感じていること」と、それについて「意識していること」と、言語や非言語で「表現していること」が一致している状態であり、この「自己一致」「純粋性」のためには、まず自分が体験していることを感じ、それが何であるかを知り、それをそのまま表現できる能力が必要となります。』

上記の様な状態で多くの人達が存在できる、コミュニケーションができれる社会であれば、僕はベストだと思うのですが、それは難しいことだと考えます。
ましてや日本の社会には本音と建前という文化もあるくらいなので、上記の様な状態で人と接することは稀なのかもしれないと、感じてしまいます。
(本音と建前も、毎回意識的に行えば、それは自己一致になるのかもしれません)

それに、
周りを気にする、良い子でいようとする、他の誰かに気に入られようとする、自分以外の人と比べる、組織や集団にしがみつこうとする… などなど、無意識にそのような習慣や思考的・行動的パターンを持っていると、「自己一致」とはほど遠い表現をしてしまう場合も多々あるかと思います。

また、フェイス トゥ フェイス 、顔と顔を合わせてのコミュニケーションでは演じている自分で振る舞い、SNSでは別名で素の自分を表現しているという人達も少なくないと聞きますが、自己防衛的、ストレス発散的な行為、またストロークを得るための行動であると思うので、「秩序ある社会の中」でのそれは、本人がOKであるとしたら、それも良いかと個人的には思います。

今に始まったことではありませんが…
それくらい、社会の中で、また家庭の中ですら、ありのままの自分、自然のままの自分を表現することが難しい状況になっているのかもしれません。

また、「孤独」をとても貴重で贅沢な時間、「自分の深い部分と繋がっていられる時間」と捉えられずに、「寂しさ」や「不安」と捉え、常に誰かと繋がっていようとする行動が当たり前になりつつある昨今では、自分自身の素直な部分にすら触れられない人、自分と向き合う時間を作らない人が増えているのかもしれません。
その様な状態が継続されると、基準は自分ではなく他人になってしまったり、自と他を分けられずに混同してしまったりすることも起きるのではないかと、考えたりもします。

ひと昔前の日本人は、本音と建て前を意識的に、スマートに使いながらも、ひとりの時間では自然や四季を五感で感じながら「孤独」を楽しみ、自分の深い部分と繋がり、心の中にある素直な気持ちや感情とも向き合っていた。
その様にバランスをとりながら、「自分が自分である時間」を作っていたのではないだろうかと… そんな事にも想いを馳せてしまいます。

(余談ではありますが、フォトグラファーでもある僕としましては、写真を通して自分の深い部分と繋がってみることもお薦めしていますし、またそれを無意識に行っている写真好きな方々も多いのではないでしょうか。 )

その人が、その人らしく、ありのままで接することのできる環境と、自己一致でいられる、ひととき…

ある人はそれを「私が 私で いられる時間」、またある人は「ひとりの人として、肩書きも社会的役割もない、ありのままの自分でいられる時間」だと、そう僕に伝えてくれました。

僕はその様な環境、その様なお時間を90分…
「あなたが あなたらしく いられる時間」のお手伝いを、週に一度のペースでご提供しています。

追伸:また、ポートレート撮影におきましても「あなたが あなたで いられるお時間」をご提供させていただいてます。

MAL

心理カウンセラーのスキルと経験を持つ フォトグラファーMALのプロフィール
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://photographermal.blog81.fc2.com/tb.php/248-775a53d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PhotographerMAL

Author:PhotographerMAL
ポートレート... その一枚には人に癒しと勇気、魅力を与える力があります。多くの人々がまだ知らない写真の可能性を伝えたい。
©PhotographerMAL1990-2018

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサー

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。